偏光サングラスをかけている女性

女性も活用したい偏光サングラスの機能と有効なシーン

サングラスのジャンルには、ファッショングラスやスポーツサングラスなどがありますが、近年になって愛用者がじわじわと増えつつあるのが偏光サングラスです。

偏光サングラスというと、男性が釣りの時にかけるものとのイメージが強いかもしれません。

しかしその用途は非常に幅広く、女性の愛用者も増えてきています。

色の付いた通常のサングラスレンズは、色の濃さで目に入ってくる光をやわらげていますが、偏光レンズはブラインド的な効果で雑光だけをカットするのでレンズの色を薄くでき、対象物が見やすくなるという効果もあります。

偏光サングラスの詳しい機能、そしてどういう場面で使うと効果的なのかなど、詳しくご説明しましょう。

偏光レンズの仕組みと利点

偏光レンズは一般的なサングラスレンズと違い、2枚のレンズの間に偏光膜を挟み込んだ構造になっています。

この偏光膜はイメージとして例えるならば、窓などに取り付けるブラインドと似たような効果をもたらしてくれます。

ブラインドは特定の方向からの光を遮りつつ、視界を確保してくれますが、偏光膜も同じように機能します。

屋外でまぶしく感じる光は太陽光だけではありません。

太陽光が何かに反射して、眩しいと感じる光も多く存在しています。

例えば海や川などの水面、雪が積もった積雪面、道路の路面、ゴルフ場などの芝面、ビルなどの窓ガラス、クルマのフロントガラスなどは、太陽光を反射してしまうため、この反射光が目に入ってくると非常に眩しく感じます。

偏光膜はまさにブラインドのように、これらの反射光を効果的にカットして視界を確保してくれるのです。

もちろん太陽光そのものも眩しく、おまけに有害な紫外線も降り注いでいるので、偏光膜を挟み込んでいるレンズには眩しさを防ぐために色が付けられ、なおかつ紫外線のカット機能も有しています。

つまり偏光レンズは、太陽光の眩しさを防ぎながらも、太陽光が反射した光も効果的にカットすることができるということになります。

偏光レンズの利点とは

ではサングラスに偏光レンズを用いる利点とはどういうものなのでしょうか。

利点に挙げられるのが、対象物が見やすくなるという点です。

通常のサングラスレンズで反射光を含めた全ての光が眩しくないようにするには、レンズの色濃度を濃くする必要がありますが、それでは視界に入る全ての風景が暗くみえてしまいます。

みたいと思っている対象物まで暗くなってしまうので、細部までしっかりと見ることはできません。

しかし偏光レンズの場合には反射光を効率的にカットすることができるので、レンズの色濃度をあまり濃くする必要がありません。

風景が暗くなりすぎず、対象物を見やすくなるわけです。

偏光レンズのシーン別具体的利点

偏光レンズを使ったサングラスをかけると具体的にどのような利点があるか、シーン別にご説明しましょう。

キャンプのとき

例えばキャンプなど自然の中で過ごしている時、まぶしいからといって色濃度の濃い通常のレンズを使ったサングラスをかけていると、せっかくの素晴らしい風景が暗くみえてしまいます。

これでは自然を満喫することなどできません。

偏光レンズならそれほど色濃度を濃くしなくてもまぶしさは感じなくなり、存分に自然を満喫することができるでしょう。

ゴルフのとき

ゴルフをプレーする時、コースの芝が反射してまぶしいだけでなく、紫外線も容赦なく降り注いできます。

そのため最近はプレー中にサングラスをかける方も多いですが、色の濃い通常のレンズでは芝目は分かりづらく、ゴルフコース全体も暗くみえてしまいます。

おまけに白いゴルフボール自体も暗くみえてしまうのです。

偏光レンズなら芝目ははっきりとみえ、ゴルフボールも同様に見やすくなります。

コース全体も暗くならないのに、まぶしさを感じずにプレーすることができます。

スキーや雪山登山のとき

スキーや雪山登山など、雪が積もっている場所で晴れていると、雪が太陽光を反射して非常にまぶしく、積雪面の起伏も分かりにくくなってしまいます。

だからといって、色の濃い通常レンズのサングラスをかけるとまぶしさは防ぐことができるかもしれませんが、積雪面の細かな陰影が読み取れず、起伏などは分からないままです。

もちろんせっかくの雪景色も暗く映ってしまいます。

偏光レンズであれば雪による反射光を効果的にカットしてくれるため、積雪面の陰影が読み取れるようになり、起伏は分かりやすくなります。

また雪景色もそれほど暗くならないまま、まぶしさを抑えることができます。

クルマを運転しているとき

偏光サングラスをかけて運転している女性

クルマを運転していると、直射日光がまぶしいだけでなく、路面やビルのガラス窓、対向車のフロントガラスなどに太陽光が反射してしまい、まぶしく感じることがあります。

運転時にまぶしくて、視界がみえづらくなってしまうのは非常に危険です。

だからといって色の濃い通常レンズのサングラスをかけてしまうと、まぶしくはなくなりますが、道路は明るい場所だけに通っているわけではありません。

トンネルなど、急に暗くなる場所もあります。

色の濃いサングラスをかけて運転しているときにトンネル内に入ってしまうと、周囲のクルマの様子が見えなくなってしまい、危険です。

偏光レンズであれば、路面やビルのガラス窓、フロントガラスなどに反射した光を効果的にカットできるので、それほど色の濃いレンズにする必要がなく、トンネルに入っても暗くて周囲がみえなくなることはありません。

釣りをするとき

最近は釣りを楽しむ女性も増えていますが、釣りをする海や湖、川などは紫外線を遮るものがありません。

また水面は太陽光を反射しやすいため、まぶしいだけでなく、反射で水中の様子がみえにくくなってしまいます。

色の濃い通常レンズは紫外線をカットしてくれ、まぶしさも防ぐことはできますが、水中の様子がみえにくいことに変わりありません。

偏光レンズなら紫外線カットはもちろん、まぶしさも防ぎながら反射光を効果的にカットしてくれるため、水中の様子もみやすくなります。

つまり釣りの対象となる魚がいるかどうかが分かるだけでなく、水中の地形までみえるようになるわけです。

偏光レンズを使ったサングラスをかけているかどうかが、釣果を左右することにもなってくるわけです。

女性におすすめの偏光サングラス

女性がかけていてもおかしくない、オシャレな偏光サングラスについて、ベストな使用シーンを含めて何点かご紹介しましょう。

レイバン ERIKA RB4171F 710/T5

レイバンの中でも定番モデルであるERIKAシリーズの偏光レンズ装着モデルです。

レンズサイズはやや大きめで、フロントフレームカラーにライトハバナ色とテンプルにメタルを採用したことで、クラシカルながらスタイリッシュな印象があります。

レンズはグラデーションカラーの偏光レンズですから、反射光を効果的にカットしながらも、女性らしさは損なわれていません。

しかもフルフィットモデルですから、日本人女性がかけてもフィット感は抜群です。

アウトドアでファッショナブルに大人のキャンプを楽しみたいときだけでなく、街中でも活躍してくれるはずです。

レイバン ERIKA RB4171F 710/T5
画像引用:楽天市場
  • モデルコード:RB4171F 710/T5
  • レンズ最大幅:54mm(横幅)×44mm(縦幅)
  • ブリッジ間隔:17mm
  • フレーム寸法:130mm(横幅)
  • 紫外線透過率:1%以下
  • 可視光線透過率:15.0%

フルラ SFU476J

イタリアのボローニャに本社を置くブランドFURLA(フルラ)のオーバル型偏光サングラスです。

ササブラックと名付けられたやや透け感のあるブラックフレームにグレーグラデーションの偏光レンズがマッチし、女性らしい上品さを演出しています。

またテンプルのブランドロゴ部分や、テンプルエンドのデザインも非常にオシャレです。

さらに日本人にフィットするアジアンフィットモデルですから、長時間の着用でもズレることを気にする必要はありません。

可視光線透過率が20%と濃すぎないので、クルマの運転時にかけているときにトンネルに入っても周囲がみえなくなることはないでしょう。

またキャンプなどのアウトドアにも最適です。

普段使いにも最適なモデルといえます。

フルラ SFU476J
画像引用:楽天市場
  • モデルコード:SFU476J 95UP
  • レンズ最大幅:54mm(横幅)×38mm(縦幅)
  • ブリッジ間隔:16mm
  • フレーム寸法:137mm(横幅)
  • 紫外線透過率:1%以下
  • 可視光線透過率:20.0%

スワンズ LUNA LN-0065 BRBK

日本でも屈指のスポーツサングラスメーカー、山本光学のSWANS(スワンズ)ブランド偏光スポーツサングラスです。

ファッションサングラスとは異なり、スポーツをするときに求められる軽さ、そして屋外でサイドから太陽光の侵入を防ぐための顔に沿った強いカーブなど、機能は充実しています。

レンズの可視光線透過率も30%と薄めの色なので、ゴルフやスキー、釣り、ドライブなど、あらゆるスポーツに最適な偏光サングラスです。

スワンズ LUNA LN-0065 BRBK
画像引用:楽天市場
  • モデルコード:LN-0065 BRBK
  • フレーム寸法:138mm(横幅)×41mm(縦幅)
  • ブリッジ間隔:調整可能
  • 紫外線透過率:1%以下
  • 可視光線透過率:30.0%

スワンズ PW-0168 BK DF-pathway

上と同じスワンズの偏光サングラスですが、こちらはスポーツ色を排したデザインになっています。

しかし軽さとレンズの割れにくさなどは変わっておらず、スポーツモデルなみの安全性を備えています。

レンズカラーはライトグリーンで、釣りのときに水中の様子が見やすいカラーですが、色が濃すぎないために釣りだけでなく、ドライブでも活用できる用途の広い偏光サングラスといえます。

スワンズ PW-0168 BK DF-pathway
画像引用:楽天市場
  • モデルコード:PW-0168 BK DF-pathway
  • フレーム寸法:141mm(横幅)×45mm(縦幅)
  • ブリッジ間隔:調節可能
  • 紫外線透過率:0.1%以下
  • 可視光線透過率:26.0%

ブラックフライ BF-12825 FLY MADISON

カリフォルニア州のサクラメントで、アメリカ西海岸のカルチャーをルーツとして1991年に生まれたブラックフライブランドのライトカラー偏光サングラスです。

フレームは小さめのボストン型なので、女性にもフィットするはずです。

しかも今流行のライトカラーレンズでありながらも偏光機能を備えているので、キャンプのときでもオシャレに過ごしたい女性にピッタリのモデルです。

ブラックフライ BF-12825 FLY MADISON
画像引用:楽天市場
  • モデルコード:BF-12825 FLY MADISON
  • フレーム寸法:140mm(横幅)×48mm(縦幅)
  • 紫外線透過率:0.1%以下
  • 可視光線透過率:56.0%

まとめ

偏光サングラスを選択する意味やどんなシーンで有効なのか、さらにおすすめの偏光サングラスについてもご紹介しました。

偏光サングラスはまぶしさを抑えながら、対象物をみやすくするという意味では非常に効果的なサングラスであるため、今後ますます人気が高まってくるはずです。

スポーツやアウトドアで、そして日常使いもできるサングラスとして、検討してみる価値はあるでしょう。


関連記事


ピックアップ

  1. 美肌にこだわる女性に冬のサングラスは必須

    サングラスは夏にかけるものだとのイメージがありますが、かといって日本人の多くが夏にサングラスをかけ…

おすすめ記事

  1. キャンプ中のカップル

    サングラス選び, 偏光サングラス

    キャンプファッションとマッチして自然も楽しめるサングラス
  2. ラウンドサングラスをかけている女性

    ファッションサングラス

    オシャレ度がアップするレディス用ラウンドサングラス選び
  3. ファッションサングラス

    ライトカラーサングラスが大人気の理由とは
  4. サングラス選び

    自分の顔型に合うサングラスのフレームを知ろう
  5. サングラス選び, スポーツサングラス, 偏光サングラス

    サングラスにこそUVカット機能が重要