サングラスレンズクロス

サングラスレンズの汚れ拭き取りに注意!傷付く可能性あり

皆さんはサングラスのレンズが汚れてしまった時、どうやって汚れを落としていますか。

サングラスを購入した時に付いてきたクロスでゴシゴシ擦って落とすのでしょうか。

クロスで擦っても、汚れが落ちないばかりか、傷が付いてしまったってことはありませんか。

これではお気に入りのサングラスがもう使えなくなってしまいます。

サングラスレンズの効果的な汚れ落としの方法についてご紹介しましょう。

サングラスレンズの汚れの正体

サングラスレンズの汚れは、大別すると2つに分類できます。

1つは風などが運んでくる細かな砂やホコリで、もう1つがサングラスをかけている人の皮脂です。

サングラスは屋外でかけるのがほとんどで、風によって空中に舞ってしまった細かな砂やホコリがレンズ部分に付着しやすくなります。

細かな砂やホコリは、視界を妨げるほどではありませんが、レンズ表面にうっすらと何かが付着しているのが分かります。

一方の皮脂汚れは、顔や手がレンズに触っただけで付着してしまいます。

そして付着した部分は明らかに視界が悪くなります。

そして厄介なのは、皮脂汚れが付着してしまうと、細かな砂やホコリは余計付着しやすくなってしまうという点です。

これらの汚れをクロスで拭くと

ではこれらの汚れを、サングラスを購入した時に付属していたクロスで拭くとどうなるでしょう。

細かな砂やホコリが付着した状態でクロスを使ってしまうと、紙やすりでレンズ表面をこすっているのと同じ状態になってしまいます。

つまり、レンズに傷が付いてしまうのです。

皮脂汚れが付着したレンズをクロスで拭くと、多少キレイにはなったように感じるものの、ほとんどの場合、皮脂をレンズ全体に塗り広げているのと同じ状態になってしまいます。

すなわち完全に拭き取れたのではないということです。

また皮脂汚れによって砂やホコリが付着してしまった状態でクロスを使うと、やはり紙やすりでレンズ表面を削っているのと同じことになってしまい、レンズに傷が付いてしまいます。

要するにサングラスに付属してきたクロスは、サングラスの主な汚れを取るのにあまり役立たないということです。

効果的な汚れの落とし方

では細かな砂やホコリ、皮脂汚れを落とす効果的な方法とはどのようなものなのでしょうか。

細かな砂やホコリを効果的に落とすには

サングラスを水道の水で洗い、細かな砂やホコリを洗い流してしまうのが最も効果的です。

ただし洗い流す際には指などでこすらずに、水道の流水をレンズの表裏にかけることで流してしまうようにしましょう。

皮脂や皮脂の上の細かな砂などを効果的に落とすには

サングラスレンズに付着した皮脂汚れを落とすには、台所用の中性洗剤を使います。

台所用洗剤には弱アルカリ性のものなどもありますが、必ず中性洗剤を使うようにしましょう。

まずレンズの表面と裏面の両方に水道水をかけ、皮脂によって付着している可能性のある細かな砂やホコリを流しておきます。

その後、左右レンズの表面と裏面に中性洗剤を各1滴づつ、合計で4滴垂らし、指で挟んで撫でるようにして洗います。

台所用洗剤は油汚れを非常に良く落としてくれるので、各面1滴づつで十分です。

たくさん使う必要はありません。

また中性洗剤を使うなら、レンズ面だけでなく鼻パッド部分や先セルなど、直接肌に触れる部分も一緒に指先で洗うようにすると、フレームの皮脂汚れが落とせ、気持ちよく使うこともできます。

この時、レンズ面に1滴落とした中性洗剤の泡で十分洗うことができるので、洗剤を新たに落とす必要はありません。

指先で洗った後、洗剤分が残らないよう、レンズ両面やフレームを水道水でしっかり流しましょう。

これで皮脂汚れは完全に落ちているはずです。

水滴の拭き取りと乾燥について

水道水で洗ったサングラスには水滴が付着していますので、拭き取らなければなりません。

柔らかいタオルかティッシュペーパーなどでそっと押さえて水滴を取り除きましょう。

この時も擦る必要はなく、そっと押さえるだけで十分です。

水滴を取り除いた後は日陰に置き、乾燥させれば完了です。

偏光サングラスを水で洗う時に注意すべき点

サングラスレンズには一般的なカラーレンズ以外にもさまざまな種類があります。

その中でも偏光レンズを用いたサングラスを水洗いする際には注意しておくべき点があります。

それは長い時間水に浸けないようにするということです。

偏光レンズは2枚の光学レンズの間に偏光フィルムを挟み込んだ構造になっています。

そのため長時間水に浸けておいたりすると2枚のレンズの間に水が入り込んでしまい、偏光フィルムをダメにしてしまう可能性があります。

もちろん上で説明したような水道の水で洗ったり、中性洗剤で洗う程度では問題ありませんが、長時間水に浸けるようなことはしないようにしましょう。

まとめ

サングラスのレンズに付いてしまった汚れを、レンズに傷を付けずに落とす方法についてご説明しました。

水道水で洗ったり、中性洗剤で洗うのは、簡単な方法ですが効果的です。

レンズの汚れで視界が悪くなるのに悩んでいたのが嘘のようにキレイになります。

是非一度やってみてください。

その効果に驚かれますよ。


関連記事


ピックアップ

  1. 美肌にこだわる女性に冬のサングラスは必須

    サングラスは夏にかけるものだとのイメージがありますが、かといって日本人の多くが夏にサングラスをかけ…

おすすめ記事

  1. キャンプ中のカップル

    サングラス選び, 偏光サングラス

    キャンプファッションとマッチして自然も楽しめるサングラス
  2. ラウンドサングラスをかけている女性

    ファッションサングラス

    オシャレ度がアップするレディス用ラウンドサングラス選び
  3. ファッションサングラス

    ライトカラーサングラスが大人気の理由とは
  4. サングラス選び

    自分の顔型に合うサングラスのフレームを知ろう
  5. サングラス選び, スポーツサングラス, 偏光サングラス

    サングラスにこそUVカット機能が重要