自分の顔型に合うサングラスのフレームを知ろう

サングラスには色々なフレームの形があり、しかも同じような形であっても、微妙にデザインが変えられています。

サングラスを購入しようと思っても、どんなフレームのものを選べば良いのか分からなくなってしまうでしょう。

もちろんご自身が素敵だと思うものを選んでも良いのですが、フレームの選び方次第では顔の形とバランスを取ることができるので、よりオシャレに見せることなどもできます。

自分自身にマッチするサングラスフレームについてご説明しましょう。

サングラスフレームの種類とイメージ

色々な形があるサングラスフレームは、それぞれが独自のイメージを持っています。

そのイメージを自分に取り入れることができるのもサングラスの魅力のひとつです。

サングラスフレームのデザインはどれもが創意工夫を凝らしており、全てを完全に分類することはできませんが、代表的なサングラスフレーム数種類と、これらが抱かせてくれるイメージについてご説明しましょう。

ウェリントン型フレーム

サングラスのウェリントン型フレーム

一般的なメガネと同じフレームデザインのため、どんな人にでも似合う形です。

オーソドックスなデザインのため、フレームの太さや材質、色などによってイメージが大きく左右されるともいえます。

フレームが太いとカジュアル感やレトロ感が演出でき、細いものは繊細さや知的さを演出できるでしょう。

また色がカラフルなものになると、ポップな印象になります。

ラウンド型フレーム

サングラスのラウンド型フレーム

近年特に人気が高まっている丸い形が印象的なモデルです。

繊細で、柔和な印象が強いですが、レンズの色や濃さが変わると、そのイメージも大きく変わってきます。

流行の薄い色のレンズが入ったモデルなら、ファッション感度の高さを演出することもできます。

このモデルもフレームの太さや素材、色などで印象が大きく変わってきます。

細いメタルフレームなら繊細な印象が強いですが、プラスチックの太いフレームなどになると、ポップで遊び心を感じさせるものになってきます。

ボストン型フレーム

サングラスのボストン型フレーム

ウェリントン型とラウンド型の中間的デザインにあたるのがボストン型フレームです。

ラウンド型は丸型ですが、ボストン型は丸型をやや三角形気味に仕上げているのが特徴です。

柔和な印象があるため、優しさと親しみやすさだけでなく、フレームの材質や色でファッション感度の高さを演出することもできます。

ティアドロップ型フレーム

サングラスのティアドロップ型フレーム

ティアドロップとは涙のしずくを意味し、レンズがこの形になっているサングラスをティアドロップ型サングラスといいます。

この形状は、米空軍のパイロットが飛行機を操縦する際の眩しさを防ぐために考案されたもので、少しでも光が直接目に入ってこないようになっています。

女性がかけるにはハードなデザインだと思われるかもしれませんが、メンズっぽい服装やかっちりしたスーツなどにも似合います。

アメリカのTVドラマなどで女性出演者がかけていることも多く、どちらかというと大人っぽい雰囲気やアクティブさを演出できるデザインといえます。

スクエア型フレーム

スクエア型フレームのメガネ

スクエア型は、ウェリントン型フレームを横長で四角くして、現代的なイメージを持たせたフレームのものを指します。

メガネにも多く採用されているデザインで、クールで知的な印象を与えてくれるため、スーツなどのカッチリした服装に似合うフレームといえます。

オーバル型フレーム

オーバル型フレームのサングラス

オーバル型は、女性用メガネでは比較的多いフレームデザインです。

女性らしい柔らかさや優しさを感じさせてくれますが、意外に男性にもマッチする場合もあります。

ウェリントン型フレームと並んでオーソドックスなデザインですから、どんな服装にでも合わせやすく、初めて購入するサングラスとしても最適でしょう。

サングラスは人によって似合うものと似合わないものがある

6種類の代表的なサングラスフレームをご紹介しましたが、実際に選ぶとなると何を基準に選べば良いのか、悩んでしまうでしょう。

実はサングラスには、人によって似合うフレームと似合わないフレームがあるのです。

似合うフレームと似合わないフレームとはどういうものなのでしょうか。

人間には丸顔の人もいれば、角ばった顔や面長の顔、逆三角形の顔の人など、顔の形は千差万別です。

しかも顔の大きさは人によって違うはずです。

全てが違うからこそ、個性になっているわけです。

この個性を生かすようにするのがサングラスのフレーム選びのポイントなのです。

自分の顔型と逆の形のフレームを選ぶ

サングラスのフレームは、自分の顔型と同じ形のものを選んでしまうと、顔型が強調される結果になってしまいます。

例えば顔型が丸顔なのに、ボストン型やラウンド型などの丸い形のサングラスをかけると、余計に丸顔が強調される結果になってしまいます。

サングラスフレームは、自分の顔型とは逆の形のフレームを選ぶのが基本です。

そうすれば顔型の個性が上手く活かされるため、非常にすっきりとカッコよく見えます。

それぞれの顔型に似合うフレーム、似合わないフレームをご紹介しましょう。

なお以下の比較画像に使用している女性イラストの左右は全く同じものを使用していますので、顔型によって似合う、似合わないがあることが理解していただけるでしょう。

丸顔の人の場合

丸顔の人に似合うフレーム、似合わないフレーム

上で説明したように、丸顔の人が丸い形のサングラスをかけると丸顔が強調されてしまいます。

一方、ウェリントン型やスクエア型などの、直線的な部分がある角ばったイメージのサングラスをかけると、非常にすっきりと見えるようになります。

角ばった顔型の人の場合

角ばった顔型の人に似合うフレーム、似合わないフレーム

角ばった顔型の人が、角ばったイメージのサングラスをかけてしまうと、あごの角ばったラインが強調されてしまいます。

丸いシェイプのラウンド型やオーバル型などのサングラスをかけると、顔型と調和して全体に柔らかい雰囲気になります。

面長の人の場合

面長の顔型の人に似合うフレーム、似合わないフレーム

面長の人が天地幅のないフレームのサングラスをかけてしまうと、面長が強調されてしまうだけでなく、サングラスの天地幅が余計少なくみえてしまいます。

レンズに天地幅があるウェリントン型やボストン型、ティアドロップ型などをかけるとスッキリとしたイメージになり、非常に似合います。

顔型が逆三角形の人の場合

逆三角形の顔型の人に似合うフレーム、似合わないフレーム

逆三角形の顔型の人は比較的どんなフレームでも似合いますが、顔型が優しい雰囲気のため、ミリタリーテイストの強いティアドロップ型のサングラスはその雰囲気を壊してしまう可能性があります。

優しい雰囲気を強調できるのは、丸いシェイプのボストン型やラウンド型、オーバル型などですが、知的でスマートな印象にしたいのであればスクエア型を選ぶものひとつの方法でしょう。

顔の大きさに合ったサイズのフレームを選ぶ

顔の形が人それぞれ違うように、顔の大きさも違います。

顔型的に似合うフレーム形状であっても、そのフレームのサイズ、特に横幅が小さかったり、大きかったりした場合には、長時間かけていると疲れることがあります。

サイズが小さいサングラスの場合

サイズが小さいサングラスをかけていると、対比効果のせいで顔が大きく見えてしまいます。

また、こめかみや耳の後ろが痛くなってしまうこともあります。

サイズが大きいサングラスの場合

サイズが大きいサングラスをかけている場合は、少し顔を動かしただけでサングラスがズレやすくなり、動きづらく感じてしまいます。

さらに顔の幅よりも横幅が大きいサングラスをかけていると、顔の造りとのバランスが悪くなり、サングラス越しに目が見える色の薄いレンズの場合には、目の間隔が寄っているようにみえてしまいます。

ベストサイズは顔の横幅と同サイズ

サングラスは一般的にレンズサイズ(高さ×横幅)とフレームサイズ(高さ×横幅)、ブリッジ間隔(鼻パッドの間隔)、テンプルサイズ(耳に掛けるフレームの長さ)が表示されています。

このうち、フレームの横幅が自分の顔の幅と同じサイズのものがベストマッチですので、デザインだけでなく、自分の顔幅と合うかどうかをチェックしてサングラスを選ぶようにしましょう。

まとめ

サングラス選びの基本となる、顔型にマッチするフレームデザインについてご説明しました。

ご説明したのはサングラスをカッコよくかけるための基本的なものです。

このことを知っていれば、デザインが気に入って買ったものの、かけてみると何だか似合わないといった失敗はなくなるでしょう。

サングラス選びの参考になさってください。


関連記事


ピックアップ

  1. 美肌にこだわる女性に冬のサングラスは必須

    サングラスは夏にかけるものだとのイメージがありますが、かといって日本人の多くが夏にサングラスをかけ…

おすすめ記事

  1. キャンプ中のカップル

    サングラス選び, 偏光サングラス

    キャンプファッションとマッチして自然も楽しめるサングラス
  2. ラウンドサングラスをかけている女性

    ファッションサングラス

    オシャレ度がアップするレディス用ラウンドサングラス選び
  3. ファッションサングラス

    ライトカラーサングラスが大人気の理由とは
  4. サングラス選び

    自分の顔型に合うサングラスのフレームを知ろう
  5. サングラス選び, スポーツサングラス, 偏光サングラス

    サングラスにこそUVカット機能が重要